早漏でもOK!女をイカせる方法

 

早漏にとって、女性を絶頂に導くことは難しいのでしょうか。

 

いえ、早漏であっても女性をイカせることは可能です!

 

ここでは、早漏でも女性をイカせるテクニックをお伝えしていきます。

 


前戯は十分に!

 

 

とにかく、早漏の場合は、ピストン運動よりも前戯を重視するようにしましょう。

 

男性にとっては「セックス=ピストン運動」なのかもしれませんが、
愛撫もセックスの重要な部分であると言えます。

 

女性は「もっと前戯に時間をかけてほしい!」とのぞんでいます。

 

ポストセブンが女性300人におこなったアンケートでは、
以下の結果となっています。

 

前戯にかける時間の希望は?

  • 1位10〜19分(45%)
  • 2位20〜29分(21%)
  • 3位5〜9分(17%)

 

ほぼ半数の女性が10〜19分、2割の女性がは20〜29分、
前戯してほしいことがわかりました。

 

いつも前戯をパパッと済ませる男性からすれば、
メンドウだと感じるかもしれません。

 

しかし、次の章でくわしくお話ししますが、
前戯に時間をかけるとイカせやすいというメリットがあります。

 


早漏の人はブレンドオーガズムをめざす

 

前戯ではクリトリスでイカせる事を考えましょう。

 

そうする事でブレンドオーガズムが可能だからです。

 

 

女性の絶頂には主に2タイプあります。

 

膣内でイク「膣イキ」クリトリスでイク「クリイキ」です。

 

そしてクリイキをすると膣イキをしやすいという性質が女性にはあります。

 

現に、クリイキの直後に膣イキをするケースが多いです。

 

このように2種類以上の快感が複合したイキ方のことを「ブレンドオーガズム」と呼びます。

 

 

ブレンドオーガズムに導くことを意識して、
愛撫でクリイキをさせたすぐ後にペニスを入れれば、
膣イキにも導ける
確率が高くなります。

 

これならば、挿入時間が短くても、女性に満足してもらえるはずです。

 

 

栄美玄さん(産婦人科医)は、ご自身の本で次のように語っています。

 

女性のブレンド・オーガズムを利用することです。

 

早漏の人にとって挿入後、女性を膣でのオーガズムまで導くのは難易度が高く、
プレッシャーを感じてしまうこともあると思います。

 

そんな男性は、女性が”クリトリスでイキながら、膣でもイッているような快感”を
味わっているのを確認してから、自分もイクという方法にトライしてみましょう。

 

指やローター、もしくは舌で女性のクリトリスを刺激し、
女性がクリトリスでイキそうになる直前に、男性はペニスを挿入します。

 

クリトリスのオーガズムと膣のオーガズムのあいだに時間差はほとんどないため、
女性はほどなく膣でオーガズムを迎え、男性はその姿を見ながら射精できます。

 

 

前戯でクリトリスを十分に刺激しておけば、
ピストン運動の時間が短くても、女性をイカせることができる
というわけです。

 

女性をオーガズムに導きたい方はぜひ試してみて下さいね。

 

 

※こちらの記事で私が早漏を治した方法を公開しています。

 

早漏の原因はコレだった!私が早漏を治した方法